DVD制作

弊社が制作した映像や、お客様がお持ちの映像からDVDを制作いたします。

ビデオテープやハイビジョン(HD)収録のブルーレイ制作も可能です。

DVD制作の流れ

企画・打ち合わせ

DVDの用途、収録内容、印刷物の有無などの打ち合わせをさせていただきます。作成枚数、ご予算、ご希望の納期に応じて、お客様に最適な制作工程、製造方法をご提案させていただきます。

シナリオハンティング、資料収集

DVDに収録する映像をお持ちでない場合は、映像を制作する必要があります。映像制作につきましては、弊社の「映像制作の流れ」をご覧下さい。

※映像をすでにお持ちの場合は、 ビデオテープやディスクなどを弊社にお渡し下さい

シナリオ作成

メニューの構成やデザインについて、お客様と打ち合わせさせていただきます。トップメニュー画面、各チャプターのメニュー画面など、静止画や動画を使用して作成できます。

ロケハン (ロケーションハンティング)

ディスク盤面や、ジャケット、ラベルのデザインを行ないます。

撮影 (ロケ)

マスター映像を変換し、メニュー画面を作成・構成します。DVDプレーヤーで再生するDVDビデオを制作するには、オーサリングは必ず行ないます。 リピート再生の設定や音声多重、サラウンド音声にも対応しています。

編集

オーサリング作業後、弊社でも確認をさせていただいた上で、お客様にテストディスクをお渡しいたします。メニューの動作や映像を確認していただき、マスターディスクを作成します。

ナレーション収録、MA作業

完成したマスターディスク(マスターデータ)を、DVDプレスまたはDVD-Rで複製します。 ※下記DVDの製造方法をご覧下さい。

DVDの製造方法

プレスによる生産

DVDプレス工場で生産を行ないます。枚数が多い場合はコスト削減になります。 市販の映画DVDなどと同じコピーガードが利用できます。

DVD-Rによる生産

作成枚数が100枚以内の場合や、多品種少量生産に向いています。
ナレーション収録、MA作業

完成したDVDをお客様にお届けします。